中泊町指定文化財
種別
(条例上の種別)
名称/写真 員数 所有者住所
(現在の住所)
指定年月日 文化財の概要
1 有形文化財 鰐口/ 1  2  3 1 中泊町小泊字小泊101-1 S58.4.21 元文2年(1737)銘のある銅製仏具。檀徒が奉納したもの。
2 有形文化財 半鐘/ 1  2 1 中泊町小泊字小泊101-1 S58.4.21 享保11年(1737)銘のある銅鐘。大漁・無病息災祈願として信徒が寄進したもの。
3 有形文化財 阿弥陀如来像  貞伝金仏/ 1 1 中泊町小泊字小泊137 S58.4.21 今別町浄土宗本覚寺住職貞伝(1690-1731) が製作した鋳銅仏。
4 有形文化財 阿弥陀如来像  貞伝金仏/ 1 1 中泊町小泊字小泊111-1 S58.4.21 今別町浄土宗本覚寺住職貞伝(1690-1731) が製作した鋳銅仏。
5 有形文化財 阿弥陀如来像  貞伝金仏/ 1 1 中泊町小泊字小泊121 S58.4.21 今別町浄土宗本覚寺住職貞伝(1690-1731) が製作した鋳銅仏。
6 有形文化財 阿弥陀如来像  貞伝金仏/ 1 1 中泊町小泊字小泊244-1 S58.4.21 今別町浄土宗本覚寺住職貞伝(1690-1731) が製作した鋳銅仏。
7 有形文化財 阿弥陀如来像  木彫/ 1  2 1 中泊町小泊字小泊204-1 S58.4.21 京仏師吉岡宗雲が製作した木造金箔如来立像。昭和29年(1954)造仏。
8 有形文化財 聖観音像(秘仏)  木彫/ 1 1 中泊町小泊字小泊204-1 S58.4.21 文政年間小泊沖から引き揚げられた木造菩薩坐像。室町以前の造仏と推定される。
9 有形文化財 観音菩薩像  木彫/ 1  2 1 中泊町小泊字小泊204-1 S58.4.21 小泊の仏師慶三郎が製作した木造菩薩立像。大正10年(1921)。
10 有形文化財 勢至菩薩像  木彫/ 1  2 1 中泊町小泊字小泊204-1 S58.4.21 小泊の仏師慶三郎が製作した木造菩薩立像。大正10年(1921)。
11 有形文化財 屏風画(人物図)/ 1 1 中泊町小泊字小泊68 S58.4.21 美濃出身の放浪画人蓑虫山人作。明治16年(1883)制作。二曲半双。
12 有形文化財 掛軸(滝見観音像図)/ 1 1 中泊町小泊字小泊68 S58.4.21 美濃出身の放浪画人蓑虫山人作。明治年間制作。
13 有形文化財 掛軸(無言行中之図)/ 1 1 中泊町小泊字小泊94-1 S58.4.21 美濃出身の放浪画人蓑虫山人作。明治年間制作。
14 有形文化財 掛軸(宝船図)/ 1 1 中泊町小泊字小泊233-1 S58.4.21 美濃出身の放浪画人蓑虫山人作。明治年間制作。
15 欠番          
16 有形文化財 寺受証文/ 1 1 中泊町小泊字小泊68 S62.5.1 浄土真宗信徒の身分証明書。慶応元年(1865)。
17 無形民俗文化財 網おこしはやし/ 1 1 中泊町中里字紅葉坂210 S62.10.1 江戸〜明治期にかけて盛行した鰊漁にともなう漁撈歌。
18 無形民俗文化財 下前権現崎太刀振り/ 1  2 1 中泊町小泊字漆流36-1 H1.4.1 昭和初期に創始された太刀振り。大漁祈願を目的として権現崎尾崎神社に奉納される。
19 有形文化財 五林神社五輪塔及び宝篋印塔/ 1  2 1 中泊町中里字亀山929 H4.4.17 中泊町最古の石造文化財。いずれも鎌倉末〜室町前期の製作年代が推定される。
20 有形文化財 貞享の絵図/ 1 2 3 1 中泊町中里字亀山434-1
(中泊町中里字紅葉坂210)
H4.4.17 貞享元年(1684)弘前藩が提出させた中里村の絵図の写し。
21 有形文化財 舟鑑札/ 1  2  3  4 2 中泊町中里字紅葉坂210 H5.4.1 明治初頭の舟鑑札。湊勤番所跡の藤丸家「和光丸」が使用したもの。
22 有形文化財 船絵馬/ 1 7 中泊町小泊字下前175 H5.4.1 明治年間航海安全を願って奉納された船絵馬群。
23 有形文化財 富野猿賀神社船絵馬群/ 1 88 中泊町富野字千歳66 H7.4.27 幕末〜明治年間にかけて航海安全を願って奉納された船絵馬群。
24 天然記念物 般若寺イチョウ/ 1  2 1 中泊町富野字千歳66 H7.4.27 推定樹齢300年の中泊町最古のイチョウ。金木新田開拓記念樹の伝承あり。
25 有形文化財 打敷蝦夷錦/ 1  2 1 中泊町小泊字小泊68 H8.4.1 山丹交易によってもたらされた牡丹文赤地錦。打敷に仕立て直されている。
26 有形文化財 掛軸(大日本富山図)/ 1  1 中泊町小泊字小泊68 H8.4.1 美濃出身の放浪画人蓑虫山人作。明治12年(1879)制作。
27 有形文化財 掛軸(大仙山之図)/ 1 1 中泊町小泊字小泊68 H8.4.1 美濃出身の放浪画人蓑虫山人作。明治12年(1879)制作。
28 有形文化財 掛軸(岩手山之図)/ 1 1 中泊町小泊字朝間65-5 H8.4.1 美濃出身の放浪画人蓑虫山人作。明治12年(1879)制作。
29 有形文化財 弘誓寺懸仏/ 1 1 中泊町尾別字胡桃谷198 H9.2.26 室町時代の製作年代が推定される鋳銅製の懸仏。尊像楊柳観音。
30 有形文化財 弘誓寺如来坐像/ 1  2 1 中泊町尾別字胡桃谷198 H9.2.26 室町時代の製作年代が推定される寄木造漆箔如来坐像。
31 無形民俗文化財 権現太鼓/ 1  2 1 中泊町中里字紅葉坂210 H9.10.1 小泊村制施行100周年を記念して創始された創作太鼓。
32 天然記念物 舫岩/ 1 1 中泊町小泊字権現崎国有地 H11.2.1 船を繋留した岩礁。近代以前の錨泊地大澗海岸に所在する。
33 無形民俗文化財 中里なにもささ踊り/ 1  2 1 中泊町大字宮川字色吉50 H18.7.28 中里地域に伝わる盆唄・踊り。
34 有形文化財 蓑虫山人画襖絵/ 1  2 18 中泊町中里字亀山434-1
(中泊町中里字紅葉坂210)
H20.2.26 美濃出身の放浪画人蓑虫山人作。明治年間制作。
35 有形文化財 西願寺青玉/ 1  2 2 中泊町小泊字小泊68 H21.5.18 中近世のアイヌ民族によって珍重された青玉。数珠に改装されている。
36 有形文化財 阿弥陀如来像  貞伝金仏/ 1  2 1 中泊町小泊字小泊68 H21.5.18 今別町浄土宗本覚寺住職貞伝(1690-1731) が製作した鋳銅仏。
37 無形民俗文化財 津軽伝統  金多豆蔵人形芝居/ 1  2  3 1 中泊町田茂木字若宮776 H21.5.18 明治後期に創始された津軽地域特有の伝統的人形芝居。現在の保持者は三代目。
38 天然記念物 大沢内溜池ナラの木/ 1  2  3 1 中泊町大沢内字二タ見278
(中泊町大沢内字海原)
H22.4.22 中泊町最大クラスのミズナラ。ブナ目 Fagales  ブナ科 Fagaceae  コナラ属 Quercus 
39 有形文化財 百川学庵画奉納絵馬 1 中泊町中里字亀山782-1 H25.4.30 弘前藩絵師百川学庵筆による大形絵馬。嘉永元年(1848)奉納されたものである。
40 有形文化財 阿弥陀如来立像意全仏 1 中泊町小泊字小泊68 H27.12.22 近世後期、青森市浄土宗正覺寺住職意全によって制作された鋳銅仏。
41 有形文化財 阿弥陀如来像貞伝金仏 1 中泊町今泉字唐崎28-3 H304.24 今別町浄土宗本覚寺住職貞伝(1690-1731) が製作した鋳銅仏。
42 有形文化財 阿弥陀如来像貞伝金仏 1 中泊町小泊字小泊204-1 H30.4.24 今別町浄土宗本覚寺住職貞伝(1690-1731) が製作した鋳銅仏。
43 有形文化財 阿弥陀如来立像意全仏 1 中泊町小泊字浜野15-5 H30.4.24 近世後期、青森市浄土宗正覺寺住職意全によって制作された鋳銅仏。
青森県指定文化財
種別
(条例上の種別)
名称 員数 所有者住所
(現在の住所)
指定年月日 文化財の概要
1 県重宝 円空作木造男神像/ 1  2 1 中泊町小泊字小泊123 H2.3.16 美濃出身の仏師円空作の神像。円空作の神像は珍しく、東北地方では唯一のものである。
2 県史跡 中里城遺跡/ 1  2 1 中泊町中里字亀山741、241の内 H15.4.14 規模が大きく、保存状態が良好な平安時代後期の防御性集落。
2 県有形民俗文化財 小泊のキッツ舟 1 中泊町中里字紅葉坂209 H29.4.10 明治34年製作の磯廻り船。丸木舟由来の船底構造を持ち、箱形の形態が特徴。
国登録文化財
種別
(条例上の種別)
名称 員数 所有者住所
(現在の住所)
指定年月日 文化財の概要
1 登録有形民俗文化財 津軽の林業用具/ 1 2 353 中泊町今泉字布引115-1 H24.3.8 中泊地域から収集された近現代の林業用具。